8.38 リリース ノート

リリース日: 2022 年 5 月 24 日

8.37 以降、次の更新をリリースしました。

改良点

ShotGrid の新機能

  • ユーザ メニューに[新機能]のオプションを追加しました。これらは ShotGrid のドキュメントの「新機能」にリンクしています。[SG-27060]

入力検証ルールの導入 :tada::tada::tada:

新しい改善: 入力検証ルールにおいて、上限値や下限値、または値の範囲を適用する機能を使用して、数値、浮動小数、パーセント、通貨の各フィールドを検証できるようになりました。

管理者は入力検証ルールを使用することで、命名規則を必要とするデータなど、ShotGrid に入力されるデータをコントロールできるようになるため、データに生じる混乱、エラー、不一致を軽減できます。

ar-input-validation-rules-creation-violation

フィールドに検証ルールを設定するには、[フィールドを設定…](Configure Field…)ダイアログボックスを使用してプロジェクトごとに行います。

有効にすると、次の設定を行うことができます。

  • 適用されているルールの説明
  • ルールに違反したときに表示されるエラー メッセージ
  • 区切り記号(ダッシュまたはアンダースコア)を含むセグメント。セグメントに使用される最大文字数などを設定できます。
  • セグメントごとの要件(最小および最大の長さ、大文字と小文字の区別、数値、特殊文字など)
  • ルールを適用するプロジェクト

フィールドに初めてルールを適用する場合は、エラーのあるページを作成し、そこでレコードを編集して修正することができます。

入力検証ルールの詳細については、こちらにあるドキュメントを参照してください。この新機能をぜひご活用ください。:partying_face:

ページ設定の履歴の導入 :tada:

管理者は、保存されたページの反復ごとの関連情報にアクセスできるほかに、以前に保存した状態にページを復元できるようになりました。これらのすべての機能は[ページ設定の履歴](Page Settings History)パネルで使用できます。

パネルをアクティブにするには、ページ ドロップダウン メニューで [ページ設定の履歴…](Page Settings History…) を選択します。

ar-page-settings-history-01

ここから、ページの[ページ設定の履歴](Page Settings History)パネルを確認できます。

また、以前に保存した状態に復元する、名前に変更の説明を追加する、履歴内のページに名前を付けて保存するなどの操作を実行できます。

[ページ設定の履歴](Page Settings History)の詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。この新機能をぜひご活用ください。:heavy_heart_exclamation:

[オーバーレイ プレイヤを有効化](Enable Overlay Player) のサイト基本設定を 2 つの異なる設定に分割

  • [ブラウザで再生]を有効化(Enable Play in Browser)
    • この基本設定を使用すると、サムネイルを右クリックしたときに、サムネイル コンテキスト メニューの [ブラウザで再生](Play in Browser) オプションが有効になります。このオプションは、サポートされている形式でアップロードされたバージョンにのみ使用できます。
  • [クリックして再生]を有効化(Enable Play on Click)
    • ブラウザでサムネイルをダブルクリックして、メディアを再生できるようになります。このオプションは、サポートされている形式でアップロードされたバージョンにのみ使用できます。

その他の改善点

  • 既定の SSO ドメインを指定するための基本設定が追加されました。[SG-25873]
  • コンテンツ セキュリティ ポリシーの実装が更新され、ShotGrid サイトで適切かつ安全なポリシーを使用できるようになりました。[SG-26709]
  • 新しいフィールドの作成時に、すべての文字タイプ フィールドの入力検証を有効にしました。[SG-26772]
  • Clicktale と Contentsquare の統合を削除しました。[SG-26821]

修正された不具合

  • グラフの合計値が誤って丸められた値になることがあるという問題を修正しました。[SG-24645]
  • 空でないパイプライン ステップでタスクをフィルタすると、ページがクラッシュする場合がある問題を修正しました。[SG-26068]
  • 権限ロールを複製した後に、エンティティ ステータス フィールドのチェックボックスが無効になる問題を修正しました。[SG-26739]
  • ノートの返信によって Webhook がトリガされない問題の再発を修正しました。 [SG-26657]
  • 新規ユーザが初めてのログインを正常に行えない問題を修正しました。[SG-26923]
  • 新しいユーザが古いログイン情報を使用するとログインできないという問題を修正しました。[SG-26944]
  • ポップアップ ウィンドウを使用してセッションを更新することができない問題を修正しました。[SG-26960]
  • リンク フィールドが含まれた保存フィルタを作成する際の入力検証ルールに関する問題を修正しました。[SG-26809]
  • 入力検証ルールを使用して新しいフィールドを追加しても、グリッドが更新されなかったり、フィールドを管理するダイアログにプロセスが完了したことが示されなかった問題を修正しました。[SG-26972]
  • クラスタごとに日付をグラフ化すると無限にロードされる問題を修正しました。[SG-24969]
  • ユーザがページを作成する権限を持っていない場合でも、[読み込んだデータで新しいページを作成](Create new page with imported data)オプションを使用してエンティティを読み込むことにより、ページを作成できてしまう問題を修正しました。[SG-24936]
  • パイプライン ステップを非表示にするか、その親エンティティを非表示にしても、そのパイプライン ステップがフィルタに表示されるという問題を修正しました。[SG-2317]

8.38.0.131 (2022 年 5 月 26 日、木曜日、ET)

バグ修正

  • 1 つのエンティティのみが表示されている場合、[パイプライン ステップ](Pipeline Step)のクエリー タイプ フィールドで[概要の計算](Summary Calculation)が[なし] (None)に設定される問題を修正しました。[SG-3932]

8.38.0.145 (2022 年 5 月 30 日、月曜日、ET)

バグ修正

  • フィルタ内で使用されているステータスを非表示にすると、フィルタ パネル ウィンドウで問題が再発していた件を修正しました。[SG-27022]
  • タスク テンプレートが含まれているクエリー フィールドで、ポップアップ ウィンドウ ダイアログにどのタスクも表示されない問題を修正しました。[SG-26191]

8.38.0.153 (2022 年 5 月 31 日、火曜日、ET)

改良点

8.38.0.158 (2022 年 6 月 1 日、水曜日、ET)

バグ修正

  • Review Notes アプリでドラフトのノートを作成しているときに、まだパブリッシュされていなくても、既読または未読の返信でフィルタ処理できてしまう問題を修正しました。[SG-17756]

8.38.0.196 (2022 年 6 月 13 日、月曜日、ET)

バグ修正

  • アーカイブされたデータをダウンロードする際の問題を修正しました。[SG-25192]

8.38.0.226 (2022 年 6 月 16 日、木曜日、ET)

バグ修正

  • 別のプロジェクトに基づいて作成されたプロジェクトがナビゲーション パネルの設定を継承しなかった問題を修正しました。[SG-26826]